2006年 03月 09日
南半球の月
f0084337_18455620.jpg


今日は久々に月を撮ってみた。
レンズが300mmで、デジカメだと1.5倍計算なので、ふつうのカメラでのレンズ焦点距離は450mm程度になる。
それでもこの程度の大きさである。

この写真は、元の写真をトリミングしただけである。
サイズを変えているわけではない。
本来なら、もっと大きい画像なのだが、月がこの大きさなので周りの黒い背景はカットしたことになる。

以前は満月を撮ったのだが、なかなかうまくいかず、ピントが合わなかったりした。
今回の半月も初めてで、10枚以上撮ってみて、残ったのは半分だった。
シャッタースピードもわからなかったのでたくさん撮ってみた。その中で一番出来のいいものが、この写真だ。

まあ、きれいとか写りがいいとかピントが合ってないとか、そういうことはさておきw、この月を見て何かお気づきにならないであろうか。
半月なのでわかりにくいと思うが、満月だとはっきりと気づくはず。

実はこの月は、南半球でしか見れない月なのだ。
月のクレーターが上の方にすこし固まって見えるでしょう?このクレーターが、実は北半球では下の方に見えるのです。
つまり、北半球と南半球では、月の見え方、そして満ち欠けも反対なのである!

これは驚きではないか?なぜ、南半球と北半球では、見え方が反対なのだろう。
いくら頭で考えてもわからない。本当に謎なのである。

そんな風に考えながらこの写真を見ると、しばらく見入ってしまいませんか。

# by wildblue25 | 2006-03-09 18:58 | sky | Trackback | Comments(2)
2006年 03月 08日
秋の花
f0084337_5472574.jpg


暑い暑い夏も終わりに近づき、毎日風は涼しい日が続いている。
暑さも和らぐにつれて、周りでは花が咲いているのを見かけるようになる。
真夏の時期は咲いていないかというとそうでもないのだろうが、暑くてそれどころじゃないw。

ということで、最近目についた花を撮ってみた。
何の花か全然わからないのだが、こちらの花はとてもきれいである。
日本で見たことのない花が多い気がするが、何しろ花に関しては全くと言っていいほど無知なので、全然わからない。
わかるのは、ジャカランダ、ワトルトゥリー、そんな程度か。
春になったらもっともっときれいな花が咲くのだが、それはまた春になったらアップします。

# by wildblue25 | 2006-03-08 22:43 | | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 07日
f0084337_22382644.jpg


オーストラリアは、面積が日本の22倍。
そのせいか、人々の心もおおらかである。そして、のんびりしている。
そのせいか、気候もおおざっぱ。とても日本のように情を誘うようなものではない。
晴れたらずーっと晴れ、雨の時はしつこいくらい雨。
さっきまで晴れていたのに急に雨が降り、雨が降っていたと思ったらすぐに止む。
冬だって雪が降らないくらい暖かい。
こんな天気で、日本の情緒のようなものを求めるのがおかしい。

そんな性質?を反映してか、雲も日本とは違う。
スケールが大きい。
日本のように、ちょこまかしていないw。
入道雲がもこもこ!っとどでかく出来てたりする。
こんな雲を見ていたら、細かい性格の日本人も、すこしはおおらかになるかな?

# by wildblue25 | 2006-03-07 22:45 | sky | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 06日
シドニー天文台
f0084337_21242561.jpg


シドニーは建国200周年を、1988年に迎えたばかりだ。
つまり、1788年、初めてキャプテンクックがシドニーにたどり着き、イギリス領を宣言したのだ。
その後は、天体観測のためにこのシドニーを利用したのだが、そのときに建てられたのがこの、「シドニー天文台」である。
この天文台は、イギリス人の囚人が初めて開拓をした町、ロックスの高台にある。なのでここから見る景色は絶景なのである。
ここでは午後5時まで無料で館内を見学することが出来る。夜も予約が必要だが、見学が出来る。

ここで天文台を見るのも良いが、ここから見るシドニーハーバーの景色、そしてハーバーブリッジの眺めが最高なのである。
昼に来ても良いし、夜に来ても綺麗である。
ハーバーブリッジを忙しく往来する車を横目に、静かな気持ちで眺める景色も最高である。

f0084337_2161683.jpg


# by wildblue25 | 2006-03-06 21:29 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 05日
日曜の午後の公園
f0084337_23503235.jpg


今日も天気が良かったので、公園に出てみた。
日曜なので、家族連れや親子連れがたくさん遊んでいた。
普段仕事をしていると思われるお父さんが、ラフな格好で小さな子供と遊んでいる姿を見ると、なんともほのぼのしている。
日本では、休日にこうしてお父さんが子供と遊ぶ姿もそれほど多くないのでは?と思った。
日本のお父さんは仕事で大変だものね。

公園は、芝生が敷き詰められている。これは、土が見えないようにするためだそうだ。
なので、こちらで公園や広場、運動場では緑の芝生が必ず広がっているのである。
この緑がとても鮮やかで綺麗なのだ。
日本みたいに、芝生に入らないでください、などというところは一つもない。
そのままの自然を体で感じられるのである。
そして、この青い空。この青さは、日本では見れないのでは?と思う。
青と水色の中間で、透き通ったような青さ。
この青空に、何度も癒されている。
この青い空と緑の芝生の色が、とても目に優しいのだ。
オーストラリアに住むようになって、自然とのふれあいの時間が多くなった。

# by wildblue25 | 2006-03-05 23:56 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 04日
今日の夕焼けは綺麗だった
f0084337_22384951.jpg


今日も夕焼けが見れた。
朝は曇っていたけれど、昼過ぎから晴れ、暑くなってきた。
気温はすでに、30度を超える日はない。
夏ももう終わりであろう。

仕事から帰るとき、ちょうど日が沈む頃であった。
夕焼けになりかけの空を見ると、ふと月が出ているのが見えた。
久しぶりの月だ。
満月の時、晴れていれば毎日月を写真に納めていた。
しかし、曇りの日が多くなり、新月に近づくにつれて、月がのぼる時間も深夜から明け方になり、すっかり写真を撮るには難しい時間になってしまった。
2週間くらいぶりだろうか。月を見たのは。
久しぶりの月は三日月で、とても綺麗だった。
急いで家に帰って、夕焼けと三日月を撮った。
本当は広角レンズがあれば、もっと濃い夕焼けと三日月を撮れたのだが、これくらいで十分だろう。
でも、まあまあの構図になったと思う。
日が沈むに従って、空のオレンジが濃いオレンジ、そして真っ赤に染まるのをゆっくりと見ていた。
そういえば夕焼けをこんなにじっくり見たのは自分の人生の中で初めてじゃないだろうか。
こんな夕焼けは、アニメでしか見たことがないw。
こんなにも明るい、そして濃いオレンジになるんだなあ、と見入ってしまった。
こんな大自然を身近に見れるシドニーが好きだ。

# by wildblue25 | 2006-03-04 22:42 | sky | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 04日
夕焼け
f0084337_946675.jpg


06年2月28日の夕焼け

# by wildblue25 | 2006-03-04 09:48 | sky | Trackback | Comments(0)


    


SYDNEY AUSTRALIA PHOTO PIC 風景 シドニー オーストラリア 写真 海 ブルーマウンテン オペラハウス 空